新着情報

◆2017/06/21
チタンで実印を作るメリットとは?の情報を更新しました。
◆2015/12/13
パワーストーン付きの実印の魅力を新規投稿しました。
◆2015/12/12
デザイン性に優れたチタンの実印を新規投稿しました。
◆2015/12/11
捺印性に優れているのが、チタンの実印を新規投稿しました。
◆2015/12/10
チタンの実印の相場はどのくらい?を新規投稿しました。

チタンで実印を作るメリットとは?

今までは象牙の印鑑が人気がありました。
でも最近では、チタンの実印がとても人気があるのです。
その人気はどこにあるのでしょうか。
そしてチタンの実印を持つことによるメリットは、どのようなものなのでしょうか。

チタンなら金属アレルギーでも安心

チタンは錆びにくいという魅力があります。
そのためとても耐久性があるのです。
普段から金属アレルギーがある人は、チタンの実印を持てないのでは?と思うかもしれませんが、チタンについては金属アレルギーを起こしにくいと言われていますので、そういった面でも安心感がありますね。
普段は金属アレルギーで悩んでいた人でもチタンだけは平気という人も、結構多いのです。
そう考えると実印をチタンにしても、金属アレルギーの人も不安が軽減することになりますね。
金属アレルギーを起こすことを分かっていながら、実印を持つのはあまり良い気がしないので、そういった意味でもチタンの実印を持つメリットがあるのです。

傷がつきにくいというメリット

チタンの印鑑の良いところは、傷がつきにくいということです。
普段から実印を使用する時に、傷が気になっているけれど、せっかく登録したので仕方ない…と思っている人も多いのではないでしょうか。
でもチタンの実印なら傷がつきにくく、汚れも目立ちにくいので綺麗なままで長く使用をすることが出来るのです。
出来れば実印は丈夫な方が良いですよね。
重厚感や高級感も必要ですが、長く使えるということはとても大切なことです。
その願いを叶えてくれるのがチタンの実印なのです。
傷や汚れが目立つと、契約の時などに相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。
でも綺麗な実印なら、相手に良い印象を与えることも出来るのです。

欠けたり割れたりしない

今までの実印に対しては、取り扱いにとても気を使っていた人も多いでしょう。
出来れば欠けたり割れたりしないようにしたいですよね。
でもチタンの実印なら、金属ということもありますので、欠けたり割れたりするような不安を持たなくても良いのです。
落とすようなことがあっても、欠けたり割れたりするかも!と慌てることが無いのは嬉しいですね。
そういうこともあり、チタンの実印を持ちたいと思う人が増えているのです。
チタンの実印を実際に持った人だからこそ分かるような、そういうメリットもありますので、これから実印を作る方、今の実印を替えたい方には、チタンの実印をぜひお勧めしたいです。
きっと、この実印を持って正解だった!と思うことになるでしょう。

実は実印はインターネットで購入できます。[実印の通販サイト]ネットなら種類も素材も豊富なので選び放題です。
ずっと使う実印だからいいものを選びたいですよね?

ネットでも購入できるチタンの実印

マンモスや象牙で作られた印鑑は、その人のステータスを証明するものでもありましたが、動物愛護の観点から現在ではほとんど姿を見せなくなりました。いまは他の動物の角や牙、もしくは木材の材質で作られた印鑑も多いですが、最近ではチタンも人気を集めています。もちろんネットでも購入が可能です。

ステータスを維持できるチタンの実印

象牙等の印鑑は高くなることから、それだけでステータスの証明をすることができました。特に実印となると法的な効力を持っており、しかもそれを目の前で捺印もしくは押捺するときにも威圧感を与えることにもなるでしょう。しかし現在はそのような印鑑を作ることができませんので、別の角や牙、もしくは高級な木材を利用している人も多いです。それに加えて知ってほしいのがチタン。高級感を見せることもでき、最近では若い人から年配の方にも人気になっている印鑑の材質です。

即日出荷ができるお店も

デザインハンコ

チタンを選ぶメリットは高級感を引き出すことができる点にありますが、耐久性が高いのが大きなメリットです。動物の角や牙そして木材などの印鑑は欠けてしまうこともあり、10年を経過すると劣化してしまうこともあります。しかしチタンとなるとそれがありませんので、ほぼ半永久的に利用することができる印鑑と言えるでしょう。最近のネットで購入できる印鑑は即日出荷が基本ですが、チタン製は彫るのに時間が掛かることもあり、お店によっては即日出荷できないことも。それでも可能になるお店もあることから、急いでいる人にも求めることができる材質です。

なるたけデザインの確認をしてから購入を

彫りにくいことから想像していたデザインと異なることもあります。そのような違いで購入後、印象とは違ったということにならないためにも、デザインの確認を行ってから購入をしましょう。ただし角や牙、もしくは木製でも同じことが言えますが、彫っている過程で文字の太さが変わることがあります。その点は考慮してください。

実績がある印鑑を作成するお店を選ぼう

綺麗に印鑑を押すコツ
ネットで求めることができる印鑑は、実績があるお店を選ぶようにしてください。それだけで余計なトラブルに巻き込まれなくなりますし、なによりチタンならではの良質な印鑑を求めることができます。

チタンでも重量感がある印鑑を作れる

実印になりますので、重々しさを演じる方が良いに決まっています。それはチタンでも表現することができますので、印鑑の材質に悩んでいる方は検討してみると良いでしょう。